キッチンカーのメリットを考える

キッチンカーのメリットを考える

キッチンカーで販売する軽食はたこ焼きやハンバーガーやラップサンドも人気です。ボリュームがある方がいいようです。スイーツのキッチンカーも人気です。健康に気を使うお客様も多く、スイーツは甘さ控えめが好まれます。ワッフルやクレープの材料も、吟味、玄米粉、きび砂糖、豆乳といった植物系の原料のみで焼き上げたもの浸かったものが人気です。また、手作りジャムやフルーツたっぷりなどのスイーツはリピーターを生みやすいようです。キッチンカーで営業するメリットを考えてみましょう。キッチンカーには固定店舗にはない魅力がたくさんあります。開業も低コストでできますし、場所の移動もできます。何よりもお客様からダイレクトに意見をもらえるところが、キッチンカーに携わる人たちを元気づけます。キッチンカーの資金面に注目してみましょう固定店舗に比べてかなり低コストでオープンすることができます。開業時には、営業者の取得費用と改装費がかかります。所有する車の内側、外側を手作りして、費用を抑えることができます。数十万で抑えることが可能です。固定店舗の場合は、物件を取得するだけでも、少なくとも100万円ほど必要となります。まとまった資金が必要です。キッチンカーの場合は、、家賃がかからないので、固定費を抑えることができます。お店を維持しやすいというのはとても大きな利点です。営業場所と時間も開業してから見直すことができます。固定店舗の場合、一度、開業すれば簡単に場所を移ることはできないものです。キッチンカーはどこにでも行ける身軽さが魅力といえます。営業場所の確保はとても大変ですが、出店場所は顧客ターゲットの多いところにしましょう。

コメントは受け付けていません。