キッチンカーの内装のアイディア

キッチンカーの内装のアイディア

キッチンカーが人気なのは、自分で好きなように改装できるところ。アイディア次第で使いやすく快適な内装にできます。

キッチンカーによっては、定位置からすべての場所に手が届くように作ることができます。作業もスムーズになります。お客様用のゴミ袋や灰皿を設置して、環境への配慮もあると良いでしょう。給水タンクやエスプレッソマシンなど、その場でコーヒーを提供するための機器はもちろん、看板を遠くからでも見えるように工夫したり、お客様がちょっと座ってくつろげるように椅子を設置するのも良いと思います。

お客様からのアドバイスもあります。例えば、代官山で300円のコーヒーよりも400円を超える値段の方が売れるといったことです。その土地に居るから気がつくことなど多いので、お客様のアドバイスはとても貴重です。土地柄と深夜営業ということもあります。安い価格設定にしたからといって売上が伸びないというのは、オーナー自身は気づきにくいところです。価格設定は、立地条件や客層を考慮するのも大切です。

また、エスプレッソマシンを使用すると、時間がかかります。これ以上お客様を待たせないように、容器を使い捨てにするのも良いと思います。また、一回一回コップを洗う手間を省くことができます。また、材料費を抑えることも大切ですが、好きな道具、使いやすい道具、こだわりたいモノなどには、お金をかけることも大切です。経費として削っていいところと時短を狙えるところなど、お金だけでなく時間や効率も考えて材料は揃えましょう。

小型のキッチンカーは夏は脱水症状を起こしそうになり、冬は凍えるほど寒くなりますが、耐えなければなりません。それでも固定費や開業費は魅力です。

アイデアで広がるキッチンカーの世界のトップへ戻る