カフェキッチンカーのこだわり

カフェキッチンカーのこだわり

キッチンカーでカフェというと、こだわりすぎなぐらいが人気が出るようです。日本ではあまり浸透していないコーヒーを提供するのも方法です。たとえば、エスプレッソを注いだ後に、ホイッパーで急激に冷やしたり、クリーム状に泡立てたり、手が掛かる分、お客様を待たせることになりますが、こだわりがあるから良いと思ってくださる人も多いそうです。

そういったこだわりカフェキッチンカーは、都内でいえば代官山駅近辺や恵比寿などのショッピング施設の一角などが良いようです。お客様の紹介で場所を確保できることも多いので、お客様とのコミュニケーションは大切です。

カフェメニューのこだわりとして、濃厚さも人気です。ココアを他店にないほど濃厚にするため水を一切使わないとか、ココアパウダーを多めにするとか、濃厚な風味にこだわると良いでしょう。また、抹茶も人気で、他店の差別化として濃厚な風味と、抹茶の風味にこだわるよういしましょう。はちみつを使ったり独特な味わいにするのも大切です。

また、小さなキッチンカーだと冷蔵ショーケースが置けないという問題もあります。そういう場合、スイーツは傷みにくいものに限定されます。パンを仕入れたり、焼き菓子にこだわるのも良いでしょう。賞味期限は製造日から数日後になりますが、風味が落ちるので、作ったその日に売り切るようにしています。

自家焙煎の豆を予約販売するのも、自家焙煎をやっているということを宣伝できます。手間ひまかけていることを知ってもらうことが大切なので、つねに販売することを心がけましょう。

ブログやSNSを活用しましょう。出店場所や営業時間、店のこだわりなどを書いたりと告知をすることができるので活用しましょう。

キッチンカーで世界一のコーヒーを

エスプレッソメニューを中心に扱うキッチンカーカフェがあります。アンティークのおもちゃのような車を改造して、自分だけのカフェを作ったそうです。

また、オーナー自身が宣伝マンになることもできます。制服を作ったり、目立つ帽子を被るなど、トレードマークを作るのも良いと思います。また、小型のキッチンカーは身動きが取りにくいので、かさばらない服がいいようです。

世界一美味しいコーヒーを入れたいということでカフェキッチンカーを始めた人がいます。店舗を構えるには、資金が足りないというのがキッチンカーとしてスタートした動機です。自家焙煎のコーヒーを提供するのが自慢で、自分で選んだこだわりの豆をしようしています。あえてブレンドせずに、その豆を良さを提供しています。

まず生豆をハンドピックで選別する作業から始めます。直火式小型焙煎機で少しずつ焙煎して急速冷却したあとに、再度ハンドピックをするというかなり手間をかけたものです。こうした手間をかけるのは、焙煎直後のガス抜き前のものは、香味とコクが劣るからだそうです。注文ごとに豆をひき、レバー式手動マシンで丁寧に抽出します。お客様から「こんなに美味しいコーヒーははじめて」と驚かれることも少なくないそうです。

雨が降れば休業します。営業中に雨が振り始めても、すぐにお店を閉めます。お客様の足が遠のくからという理由ではありません。湿度が変わるとコーヒー豆の香味が落ちるからとのこと。確固たるポリシーを貫けるのも、自分の店だからです。紙コップやはちみつ、砂糖といったものは助手席に乗せています。

目立つところに「CAFE」の看板を取り付け、遠くからでもカフェと分かるようにしています。